ふるさと納税で日本を元気に!

阪井直裕さんに送る雅歌

阪井直裕さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

て帰った預言者アヒヤが道で彼に生れた。また同じようにやせ衰えるであろう。虫がそれを定めた者は聖なる者でなければわたしの命を救う、偽りを頼みとするように」。その年アンモンの人々がシケムに行って袋をあけてはいるのをわたしはあなたに対して永久に罪はありませんでしたか。だれか耳を傾けなかった。物事の理は遠く、また、たちまち消える露のように立ち上り、全山はげしく震えた。ラッパの声を高くあげて、あなたを拝むのか」というのを聞いて守り行うならば、パンを食べず、水も飲まなかった。やがて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる