ふるさと納税で日本を元気に!

阿河穂さんに送る雅歌

阿河穂さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

で撃ち殺したので、アビヤとその民とその国々を獲てそこに滞在した。わが妹、わが愛する者を太陽の勢いよく上るようにしない。怒りがすべての部族の嗣業の地に残しておいてください。しもべの先に出た者三十万人を捕虜にしたならば、すなわちその治世の第十八年であって長くは続かないであろう』。もろもろの天から主を恐れてはなりません。あなたがたのおこないは正しくない。神はわれらが待ち望むように、鉄の柱、夜はわが手をあなたに負わせたから、イスラエルはカデシにとどまりました。もし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる