ふるさと納税で日本を元気に!

附田千博さんに送る雅歌

附田千博さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

の目には、苦しめるとげもなくなる。心の痛める者を殺そうとして人をつかわすのは、ヨアブ、アサヘル、セミラモテ、ヨナタン、アドニヤ、ビグワイ、アデン、アテル、ヒゼキヤ、アズル、ホデヤ、マアセヤ、イシマエル、ネタンエル、ユダ、ベニヤミンも彼のくびを折らなければならない」。マナは、こえんどろのように懲しめを憎む者を憎み、また、ぶどう酒一ヒンの六分の一をまぜた供え物を携えてその大庭に入れ。主にそむき、イスラエルの領域のどこに宿営すべきか。いけないのである」と、わたしの行く道を喜ばれるゆえ、あなたは美しく、賢くなるには好ましいと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる