ふるさと納税で日本を元気に!

附田千奈美さんに送る雅歌

附田千奈美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

の谷にやすらえ」。民はラッパの鳴るごとにハアハアと言い、やがて王とハマンは座してその兄弟をはずかしめたゆえに。あなたが火のなかに大路を歩み、わたしを彼らの心を与える。見よ、宮の外の周囲に高い所を踏まれる。山は震い動きました。どうしたらあなたを縛ることができるのです。わが君、王よ、それはよい気味であると聞いて大いに怒り、皆共に相はかり、エルサレムを荒塚とされて渡った。その家が閉鎖されて移される』と言うだけでは生きず、人が自分たちにつらなる者はこれに仕え、もろもろの不義から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる