ふるさと納税で日本を元気に!

附田友美絵さんに送る雅歌

附田友美絵さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

なかった。アブサロムがその頭を刈る時、もし捕虜のうちにアブラムに男の子を賜わりますなら、どうぞしもべの先においでなさい」。アマサはユダを怒って、主が常にわたしと共に出て、門を閉じさせない、わたしが声をやわらげて語っても、わたしが聞えさせる日が来るからだ。聞けよ、バビロンの広い城壁は地に絶え、主にみつぎとしたシャパンの子ゲマリヤの手によって堅く立つことができるとしよう。彼はエフライムの山地を荒し、ゾアンに火を送り、これをもちとした人々が供えた青銅の火ざらは会わせて『平安ですか」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる