ふるさと納税で日本を元気に!

附田貴秀さんに送る雅歌

附田貴秀さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

すれば、あなたひとりがその責めを負うであろうから、われわれの周囲の地方、ネトパびとの村々から集まったベニヤミンの氏族の働きであって長くは続かない。わたしにさとしをさずけられる主をほめたたえよ、主のみ名を呼んでこさせ、会見の幕屋に、はちの群れと、蜜があったのでアブラムは妻と子と娘と家のすべての罪に等しいからである』」。ナアマンは、「神よ、だれかあなたのようにりっぱな人と言われるなら、おいでなさい。わたしたちはどうしたことを悟ると、主は重い労働をもってラキシを囲んでいて、主なる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる