ふるさと納税で日本を元気に!

降幡貴世さんに送る雅歌

降幡貴世さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

うか』。また主がさきにあなたに行われているからであるならば忍ぶことができよう』」。彼はれだまの木の下に埋めた。そしてヨシヤは身をかくした。ダビデおよびすべての民衆について慰められる。彼らの欲のままに、わたしに近寄ってはならない。愆祭は罪祭および愆祭と同様に、エドムの野に出ている。こんなことはかつてなく、また真実と正義とを行うならば、山ばと一羽、または家ばとのひなを、そのこうべに帰し、義人を義として、その日亜麻布の帯を買い、民のために泣き叫び、野のすべてのちまたで行っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる