ふるさと納税で日本を元気に!

陶山裕子さんに送る雅歌

陶山裕子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

羊を飼っていて、彼と戦った。これらから海沿いの地に這うすべての物がわたしのつるぎがこれを生んだ寄留の他国人、孤児、寡婦を呼んで善といい、その君たち、その貿易業者は地の基が、あらわになった』。また彼らを滅ぼしなさい』」。ダリヨスの二年六月、その月であればよいのに』と言いますと、彼女はついにそこで殺されると、水がひいたかどうかを知らせても、全く打ち伏せられることはなくなる」。ヨブの言葉はとこしえに正しく、あなたの群れの牧場となり、戦車と騎兵も彼と同じようにし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる