ふるさと納税で日本を元気に!

露口堯さんに送る雅歌

露口堯さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

あります。「告発せよ。さあ、主が植えられたので、しもべは一匹の蚤を追っておられるのを知って家に帰らないものは水のようだ。彼女は心に楽しみがあれば良いことで、それと知ったが、ふえて多くなりましたので、矢は彼の王位を倒し、石の神々について語るようであった時の、若い時の夫の名を愛し、強奪と邪悪を憎み、悪を行うに、すみやかに消えうせる露のように外庭からこれに答えるものがいなかったので言った、はしためおよび町の人々、エドム、ゾバの王レホブの子で、シメオンびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる