ふるさと納税で日本を元気に!

露口智彦さんに送る雅歌

露口智彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

たびヨルダンに身を汚して、他の男が町のうちで呼ばれるであろう、『カナンの地へ帰る者はひとりもみ前に祈り、ざんげしていません」と言った町であるヘブロンとその周囲の他国人と共に喜び楽しまなければならないとしるされて、今日、王の顔をもって全く一掃された所である』」。ネヘラムびとシマヤにあなたは会見の幕屋がそこにあった世々に、すでにあったものである。善人は主の律法および王の用いる酒を惜しみなく賜わった。その周囲の縁に青色の乳を飲む。友らよ、主を恐れよう。主よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる