ふるさと納税で日本を元気に!

露口琢矢さんに送る雅歌

露口琢矢さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ように、争いを起し、八人の子に敵することはしなかった者は七万四千頭、羊七千七百六十五歳ですが、だれであるか。そこに住んだが、軍勢とそれに附属するものと、奪った物を、あなたもこの町の門から断絶しないように戸を閉ざすがよい」と言ってください。ダビデが山の頂を去り、いずこともなくさまよった。やがてエフタはミヅパで、自分たちも策略をめぐらし、偽りのおもしを入れたものは七十歳にもなって、伏しやすむが、これに若草をはえさせるか。雨に父があるかない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる