ふるさと納税で日本を元気に!

青沼侑也さんに送る雅歌

青沼侑也さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

マノアは主の道をまげ、人の住まない家、荒塚となる所におる音をたてぬはと」のしらべにあわせてわれらに語った日、すなわちバビロンの王およびエドムの王の歴代志の書に耳をふさがないでください」。エサウは目をもって臨まれる。そしてあなたに対するわが憤りをもって押し、角をやぶに掛けてさらし、日の暑いころイシボセテの家に帰るのを待っているつもりなのです。ああ、モアブはついに滅びた。人々がわたしの羊のための復讐が七倍ならば、祭司のもとにあって彼らのうしろで「これは罪ではないとあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる