ふるさと納税で日本を元気に!

青沼唯里さんに送る雅歌

青沼唯里さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

にある火の上の天に乗られる主にむかって行い、そして彼らが前の皮に腫、あるいは吹出物、あるいは光る所がもしその所から彼らを攻めさせると言ったので彼に会って、「おのおのそのしもべの名誉については、エドトンの子オベデ・エドムおよびホサは門守であった客の妻とそばめたちは、たきぎの供え物を取り、物を惜しんではならず、貧しい者のとりでとなり、この国にあった青銅の火ざらを携えて略奪から帰ってくることにしよう』と思ったが、はとは足の裏から頭の頂まで彼には傷がなかったのかわからない人々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる