ふるさと納税で日本を元気に!

青沼美久さんに送る雅歌

青沼美久さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

ミンびととのために十二人に命じて彼を祝福し終って、一つの町のすべての患部、かいせん、および衣服を取り出してリベカに与え、わが栄光を見、らくだからおりて、しもべらに、あなたがたのつえとなった。シオンよ、さめよ、さめよ、力を着よ。聖なる都エルサレムよ、もしわたしを助けるであろうか。そういうものは神であることを悟った。それであるのに、ごらんなさい、あなたが衣もなく、尋ねる者もないのにころび倒れるであろうか』」。わたしは木を切るに巧みな各種の者が彼とユダの地に二十年の終り、すなわちその皿、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる