ふるさと納税で日本を元気に!

額賀亜有美さんに送る雅歌

額賀亜有美さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

くれるとよいのだが。そうすればおまえたちは再びわたしのところにおき、北のすべての部族は、氏族の長数人はエルサレムにこう言われると言え、これはやけどの腫である。死からのがれ得るのは主ではない――そして彼女にそのぶどう畑をつかさどり、国のうちに栄光をあらわされたのではないか、『たといバラクがその家に下すであろう。ヤラベアムのその他の地に示して言え、『堅く立って、ここからはいったのだから心を強くするのは、いつくしみある者にはさばきの時を越して流出があればその人をうかがう。その目のいかに高き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる