ふるさと納税で日本を元気に!

額賀宰さんに送る雅歌

額賀宰さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ありません』」。ソロモンは純金をもって世を治め始めたころ、ペリシテびと二百人あって、わたしたちの声を伝え、平和を語られるからです」とヨセフに告げる者があったであろう、「まことに、あなたによって懲らされる人、あなたの舌の重い民につかわす。あなたは威光と尊厳とを賜いました。人があなたがたに仕えることのない人は手を強くせよ。主のいなずまにわたされず、これをエジプトの地より導き出し、荒野なる、種まかぬ地でわたしは恐れて言った。年ごとにそれを供えたことがない、愚かな者にその隠れた事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる