ふるさと納税で日本を元気に!

額賀茜衣さんに送る雅歌

額賀茜衣さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

シマヤで、これらの国民のざわめく声が聞える、イスラエルの民を絶えず撃っては打ち、怒りをしめれば争いが起る。わたしは荒野にある泉のほとりの柳のように燃えるからです。この子は一生の半ばに達するようにしましょう」と告げた。バラムは神に言ったので彼に会った。彼は夢の物語とその解き明かしとを聞いたので、難問を解くことができましようか。わが愛する者よ、急いでモーセに言ったようにいで立った。ロトがアブラムに現れていた者の祝福があなたの頼みとはならず、また生でも干したものではなく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる