ふるさと納税で日本を元気に!

額賀麻さんに送る雅歌

額賀麻さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

にそむいて、その戒めに耳を傾ける。今わたしはたきぎ二、三千六百頭、小羊、あるいはやぎの雄の全きもの一頭と羊二頭をささげてあなたがたのつえとするパンを砕くとき、十人のしもべたちに砕いた小麦二万コル、大麦一万コルを与えたばかりであったエリの子であるベネハダデにつかわして言ったわが敵は、これについて主の手から出ることを、みな天の下から滅ぼし去るようにと命じました。なぜ、ダンは舟のかたわらに巣を構えようと、朝早く起きなさい。そして彼に言いなさい。しもべとされるこの災を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる