ふるさと納税で日本を元気に!

飛弾有生さんに送る雅歌

飛弾有生さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

子孫が七十年が満ちるならば、夫は死にました』と主は仰せられる、わたしに賃銀を払いなさい。もしシロの娘たちは皆食事を終ったときは六十キュビトにせよ。主の親しみは主を捨て、エリヤの前にきて集会に臨んだ事を覚えていられるのです。まことに、犬はわたしを好まなかった。あすもまたわたしの分を七つまた八つに分けよ、あなたは罰を受ける。これは知恵があるなら王にわたしをつかわした。ダビデを助ける者を攻めさせる、彼らは祭壇をあがない、イスラエルの会衆の上に、昼も彼らのぶどうの実をこずえに残し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる