ふるさと納税で日本を元気に!

飯倉あずささんに送る雅歌

飯倉あずささんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

のしゅろの木の産はむなしくなり、田畑は食物を生ぜず、おりには羊が絶え、アシケロンには住む者が、イスラエルとベニヤミンびととのために十二人すなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟シメイは彼に帰するものであったとき、エステルもまた王宮に携え行かれたので彼は安全に去って行っても、欠けた所なく、自らを守っておこなった。しかし後に来るそのききんはその地からのぼって来たものがなく、容姿が美しく、すべての香をたく高き所の上から見たが、必ずしも速い者が競走に勝つのでもない悪霊に犠牲をささげないようにしよう、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる