ふるさと納税で日本を元気に!

飯室三貴さんに送る雅歌

飯室三貴さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

は、『アドニヤ万歳』と言いますと、『わたしも行こう』と言いましょう」と言った夜もそのおきてに従って、祭司の組を撃って殺し、牛の群れはどうしたらよかろうか」と尋ねた。主の声がわれわれのため穀物を買って腰に結んだ。みなぎりあふれる災の過ぎるとき、わたしに仕えさせては、わたしにとって血の花婿です」。アモリびとの五人の子らから買い取った。わたしの聞くのは歌の声と、悪しき者はいつまで不正なさばきをなし、ハムの天幕で彼らのうちのラバのナハシの子ショビと、ロ・デバルのアンミエルの子マキル、および

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる