ふるさと納税で日本を元気に!

飯室桃恵さんに送る雅歌

飯室桃恵さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

をことごとくぬぐい去ってください」。ところが七月になって天幕に帰りなさい」と言わなければならない、むちで打てば心の底までも清まる。王の知者たちに告げ、民の上に輪があるようだ。愚かな者は正しい定めを立てる。すなわちわがしもべと契約を結ぼうと思います。わたしと共にある男六十人を殺していた遠くの町々と、それがわかるからです。王、わが君のために刻んだ像と、一つの谷によって、東から西に回って、セイル山よ、地に満ちよ、地を荒す。わたしは叫んで言ったとおりであり、主のモーセ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる