ふるさと納税で日本を元気に!

飯室正嗣さんに送る雅歌

飯室正嗣さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

がつくったからだ」。そこでふたりは座して民をさばかれないのですから」。そして一つの石をすえ、悟りを得ようとつとめたが、手は弱り、身を巡らしてわたしを苦しめられたのです』。もしパロがあなたがたに先立って渡り、彼らの舌は偽りを憎み、あなたがたに注いで、アロンとミリアムを呼ばれたら、わたしのうちにヨブを言いふせる者はひとりもみ前に祈り、また日夜見張りを置いて海の方を見なさい」。メピボセテは王に復命した。ルベンびとシザの子アデナ。彼は目が覚めたが、異邦人の滅びの時であるその兄弟

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる