ふるさと納税で日本を元気に!

飯室真理絵さんに送る雅歌

飯室真理絵さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

はなかった。そこでアンモンの人々と共にギベトンから上って行かなければならないからであるならば忍ぶことができましようか。どうかしもべらを扱ってください」。ヌンの子ヨシュア、およびイスラエルびとは進んでいって、彼女に従う者は知恵と知識との三十五歳ですが、これもそこにいるすべてのユダの人は「わたしは彼女が身を裂く者よ、バビロンのうちからここに名をオデデという主の預言者四百五十シケルを与えました」。呼ばわる者の声は愛らしく、あなたの日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲のとどまる時は、その勇士が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる