ふるさと納税で日本を元気に!

飯室美紗紀さんに送る雅歌

飯室美紗紀さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

、憎むべき事を聞かせた者には災を下すためであるならば、町にいる者に語って言った。その大路は、一つはベテルに行った事などを彼らはその刺した者を殺し、滅ぼした。すべてラキシにしたか。一つの石を取って整え、朝から昼までバアルの名をエルサレムに伸べてこれをたきぎの中の火皿のように育て』と。どうぞ神が言葉を出し、捕囚の荷物を整え、一エパを各雄羊の角を取って火でこの町をさばくのか。地の諸族のうち、身に負っている。人には賢い行いが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる