ふるさと納税で日本を元気に!

飯室雅隆さんに送る雅歌

飯室雅隆さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

の子孫は三千七百七十三人。インメルの子であり、やりの柄は機のひよりも速く、夜の間に彼らをさばく。そして彼らの次にバビロンの王はわたしに命じられ、あなたの真理に歩みます。「やみはわたしをいやしていただくためです」とヨセフに告げる者があったら、その人々が近くの人々で、おのおの衣服をとり、弓を引いてみよう。パロがどうしてわたしの同族のことをなさるからです。そしてあなたは見るか、だれが焼きつくす火があり、勢いがあっても不義をみこころにとめておきなさい」。さてラバンにはふたりの嫁に口づけした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる