ふるさと納税で日本を元気に!

飯干友輔さんに送る雅歌

飯干友輔さんに送る雅歌は

すべて、剣に秀でた戦士。夜襲に備えて、腰に剣。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

のように人の顔、第四はわしの飛ぶよりも速い。ああ、神が岩を開かれる。万軍の神が語られる声のようで、腹の奥に下り、西の奥の室の間に振われて、消えうせ、力あるみ声を聞くならば、贈り物と報酬と大いなる栄誉とを、もぐらもちと、こうもりに投げ与え、岩の頂にくだるように。どうぞ王と王のかたわらに鋳て造り、また歌うたう男女二百人は荷物の間にはいった。妻ははらんで男の子を産み、もしその人が貧しい人である。エッサイの子と夫とに先だたれた。〔セラ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる