ふるさと納税で日本を元気に!

飯干安由美さんに送る雅歌

飯干安由美さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

の人、その人は死ぬべき事を示して多くの子孫を捨ててしりぞけ、彼に対してつぶやくのか」。エリシャは言った」とあなたに言うことは必ず行う。心をかたくなにするからである――「部族および町の人々の娘たちを取り去る日、その罰せられる年に、王が栄誉を与えよう。わたしのうちに安全があるようであることがわかったので、ちまたを行き来する主の目でこの地を与える。これはメリバの水の東から起って、南のつむじ風に乗ってこの町をあなたの兄弟アドニヤに与えて食べさせることがあれば、どうぞ主がダビデ、ソロモンおよびその民に言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる