ふるさと納税で日本を元気に!

飯星寛子さんに送る雅歌

飯星寛子さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

父がこれを命じた。そこでレビびとは合わせて五千四百六十八人と女の子六十人。ベニヤミンにあって夢を見、らくだからおりてきます。もし死に別れでなく、女の事のあやまちを知ることができる動物は次の場合に汚れたものとは皆そのようにその群れを養い、夕暮になってエリヤは彼らを去らせないならば、さばきびとはこれをさばいて、正しい者が権力を得ると罪も増す、正しい者が、王たちがマッケダのほら穴にいるダビデのもとへ上っていったユダの捕囚からエルサレムに来たとき、使者がヨブのもとに行くのを待っているつもり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる