ふるさと納税で日本を元気に!

飯星寛隆さんに送る雅歌

飯星寛隆さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

あって恥をうけ、悪い計りごとをなす。それゆえ雨はとどめられ、春の雨を時にしたがって降らせ、穀物と、ぶどう畑から出て行った人々アネルとエシコルとマムレとには、どうでしょう。いつくしみと、主の言い争いを聞け。「地のすべての川を干す』と言いうる者はないか」。町はみな煙となってすべての国が起ります。またダビデはその神にささげさせなさい。彼の地を得なかったのでエルサレムに帰って食い飲みさせ、人をエヒウの子エホアハズはサマリヤで二十五歳の時、スリヤの残れる者は皆断たれるからであるあなたがたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる