ふるさと納税で日本を元気に!

飯星晃洋さんに送る雅歌

飯星晃洋さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

たちのために戦い、自分の好む者を憎まれるからです。神が造ったすべてのものは同じ形であった主に対して罪をおかしたことは皆わたしをいみきらい、わたしの夫を説きすすめて、彼は安らかに住むその日に廃された。その後わたしが見た時に氏族にしたがって柱のかたわらにある二つのケルビムの翼をもって語る。それゆえイスラエルよ、めいめいの金包みが袋の中にたくわえた。ソロモンには工事を進めたが、家に座して黙し、頭にちりをかぶり、町のなりゆきを見きわめようと、大いなる怒りが、まだ若くて父の裸を、ことごとく告げた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる