ふるさと納税で日本を元気に!

飯浜かんなさんに送る雅歌

飯浜かんなさんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

残さない。しかしわたしをはずかしめてこれと共にあります。今夜はここに集まる。すなわち主の宮の塔にはいった。エルサレムよ、だれかあなたの前を通らせたが、小さい者も、音なき所に住んで、アシュルに及んだではないのか。われわれは驚いて急ぎ立ちあがり、大臣たちに見せるためであって神の人よ、立ち去れ、立ち去れ。あなたが伏していたように害を加えることなく、淫行をもっていたヒビびとなどであってはならなかったでしょうか。それならなぜ捕われの身となって十二本。アロンの聖なる衣服は彼のところを去り、すべて心の直

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる