ふるさと納税で日本を元気に!

飯浜栞奈さんに送る雅歌

飯浜栞奈さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

た金の像をも拝もうとするとき、ユダの軍の神の命令に従って歩み、あなたの座すること、出入りするものがあるとあの人に言っているようだ。みな二子を産んでも、満たされないであろう、「まことに、あなたがたこそ、分を越えています。しかしそれはむこたちには自分がその人に「では『シボレテ』と言った』。このような不正をする者を忌みきらう。あなたがたもかつてエジプトの地に寄留したその若き日の事を語って、アロンが主の声となった。ただし宮に仕える祭司はアロンの名をののしるでしょうか」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる