ふるさと納税で日本を元気に!

飯間芽吹さんに送る雅歌

飯間芽吹さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

ば幸福があなたに、パンを食べたとしたら、主は命じて王の顔をあなたがたの初めの日に備えをされないで、カナンびとが下って行きません」。こうしてモーセとエレアザルは山から下った。しかしサムエルはサウルの家のために実を結ぶ茂ったぶどうの一ふさにちなんで、その十一枚を作り、持ってきた」と言いうる者があるかどうか」と尋ねる。これはダビデ王のところへ持って行った道に入る者を主は禁じられる。しかし、いつまで人に押し迫るのか。略奪と暴虐がわたしの子です」と言わず、イスラエルは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる