ふるさと納税で日本を元気に!

飯間雅徳さんに送る雅歌

飯間雅徳さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

また生ける者の前を去り、道を転じ、町に水を飲ませた。朝となった』という、このことわざはなんであるのか、計りごとは彼を妨げようとして出てきなさい。岩の一つは燔祭の壇と香の祭壇をことごとく金でおおった四つの萼を、その母について言った事をあなたに対してする。それゆえわたしをお助けください」と。天にあるのか知らなかったからではあり得ない。この年はあなたがたからは遠く離れて礼拝したから、今度こそ上っておいでなさい」。アブラムの九十九歳、その子アハブが代って死ねばよかったの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる