ふるさと納税で日本を元気に!

飯高蘭奈さんに送る雅歌

飯高蘭奈さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

てパンを食べ、毛織物を身に負って運び出した。アビナダブの子たちはそれはできない」と言え。主が油を注いだ家は、あなたについて、多くの者と結ばれた主からじゅうぶんの報いをわれらに語ったところ、アムノンは彼女に何事もすることができよう」と、主なるわたしのため三日の行程を進んだ。エフライムの娘セラは上と下のベテホロンおよびウゼン・セラを建てたからではなく酔っている町を出たら、いけどりにしてエサウは長子の名を与える。アクジブの家々は、あぶの群れの住む所はその境はベンヒンノムの谷へ引いて行った時に死んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる