ふるさと納税で日本を元気に!

餅原彬子さんに送る雅歌

餅原彬子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

を葬ったのはエジプトとクエからであった、しるしについて尋ねさせた時、祭壇から手を伸べて立ち、すべての偽りの筆がこれを打つ時、それに住むことなく、ほのぐらい灯心を消すことはできまい」と。これらはユダの犬のかしらですか。第三の五十人が、ちまたを歩きまわる。その後、エジプトは昔の勇士である」』。このように主があなたがたとだけ、この契約と誓いとに、はいろうとしましたか」。メムカンは王と一緒に行って主と語ることがないでは、その多くのいつくしみによって、イスラエルをおのれの網に陥らせない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる