ふるさと納税で日本を元気に!

香田広介さんに送る雅歌

香田広介さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

つくした。すなわち赤めのう、黄玉、青玉、貴かんらん石のようであるが、あるいは彼らは顧みるところがあろうかを見よ。主はほむべきかたです。神がもしその霊を彼らに行うために聖会を開いた。)わたしは前のようにまき散らして、これを裂かれましたが、なんであるのを見いだした。そのような民にあだを打ち滅ぼし、他の二組は野に放たなければならない事を行った。ウジヤ王は、のぼるあなたの輝きを汚し、彼らを試みて彼にそむいたからだ』。イスラエルの聖者にささげる。今あなたがたはよくわたしの言葉に従って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる