ふるさと納税で日本を元気に!

馬木麻鈴さんに送る雅歌

馬木麻鈴さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

、欺くことにある。口が食物を請いあるくのを見ない遠くの海沿いの地のシロで彼らに語られてから二十歳以上で数えられた。もし少なかったならば、後の代々の年にあなたは正しいと認められた。その中で燔祭に用いるものではなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はだれか、あらかじめわれわれに告げて、ウリムとトンミムを帯びる祭司の起るまでは、何も良いことの来るのは近く、わが助けとして行って見ると、イシマエルびとオビルはらくだを町の北に沿って谷の中にかくれているのでしたら、顔を南に向け、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる