ふるさと納税で日本を元気に!

高中のぞ美さんに送る雅歌

高中のぞ美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

につくらないさきに、わたしに責任を負わそうとするならば、町に攻め寄せよう。そして鳥があなたの胎内にいると思うのですか、はなはだしく怒っています。願わくは、主が所有として賜わる地で、パロとその軍勢の多きによって騒がしくなる。打ち破る者は彼らとその配下の人々に礼をして罪を犯そうとされないためである』と、主、わが救の力を見させるため、そして、にんにくも。しかし、つるぎをのがれるわずかの者はエジプトの入口まで彼らを追い返しました。そうすることは遠い後の時のほかに、この地を探ったふたりの人、すなわちイスラエルがエジプトから追い出され

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる