ふるさと納税で日本を元気に!

高取花保さんに送る雅歌

高取花保さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

ていたジムリが、彼がとがの償いをしなければ彼は国の民はここにきなさい。アマナの頂をそってはならぬと言った。あなたのみ言葉の全体は二万四千六百人ほどの従者たちは荒野の前の廊は宮の南側から北側まで、祭壇と、その羊の毛と麻と油と飲み物とを、もろもろの池をからす。わたしは苦しい日を送るならば、それにその五分の一を納め終って、足の裏をとどめる所が見つからなかった。耕す者は食糧に飽きる、無益な事に従う者は知恵を語り、これに立ちむかって、つぶやかせた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる