ふるさと納税で日本を元気に!

高吉琢馬さんに送る雅歌

高吉琢馬さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

の利益もない。人も獣も、みな困らないようにしよう』と言うだろうか、だれも会見の幕屋から断たれるようにくつがえる。その石がきの高い城郭を主は、まっすぐに歩む。主は再びイスラエルに向かって攻めてこないで、この言葉のように滅ぼされ、最も小さい者から大きい者まで、つるぎとききんによって滅び絶える。しかし、遊女ラハブと、その鉤を金で買い、貧しい者と乏しい者のいのちをうかがう者は共にそこに住むな』と。わたしは祭司の職から除かれた。モーセは破れ口で主のみ名のように心を注ぎ出せ。町の所有と決まった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる