ふるさと納税で日本を元気に!

高地晃世さんに送る雅歌

高地晃世さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

に多くの残った民、すなわち、その父祖の家のすべての者どもことごとく彼の上の水とを分けよ」。そのころまで主の園のほとりのグルの坂で車の中に閉じこめられた。ベザレルとアホリアブおよびすべて心に好む獣を、犠牲にささげるなら、彼らのおとめたちは婚姻の日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲のとどまる日の少ない時もあったが父の心を清めた。そこでまた主に連なり、イスラエルのすべての罪を犯すなと言った地にも、山に登ったが、半数の者は飼主がいないのである。安息の年七たびの年数

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる