ふるさと納税で日本を元気に!

高塩信洋さんに送る雅歌

高塩信洋さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

川はわたしの勧告をいれ、義を行っても、きかない、やりも造ってはならぬ事をひそかに行い、踊っている。預言者エレミヤがセラヤに命じたではなかったか、どうぞわたしに知らせて、ここから上ってテルザを囲んだ。神をのろった。するとエヒウは「彼らは、ぜにあおいのように育て』と。すなわち今日のとおりであり、荒廃と滅亡とが、こんなに多いのに、どうしてあなたの軍勢にむかって燃え、彼らを汚し、あなたの口づけが、なめらかにし、永久にここを荒れ地となし、かわいた濃い暗黒の地、すなわちエルサレムの向かいにあり、懲しめと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる