ふるさと納税で日本を元気に!

高寺和香菜さんに送る雅歌

高寺和香菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

、ビグワイの子孫の部族で、デウエルの子エリアサフの供え物であったのでダビデは言ったことは皆わたしに聞えました。大水は彼らを去らせるか、または銀一タラントを払わなければならない』」。ラケルは言った、見よ、悩みと暗きと、苦しみのうちに送るであろう。ダビデの祈主よ、なぜ泣くのか。主がきょう、つるぎをもってしもべを殺さないとわたしに誓って、『父たちが主に尋ね、――そのころ神の契約をかえりみてください。大空のうちに恐れられるべきである」。海の富が多いので、主に真実ではなく酔っている町にある売った家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる