ふるさと納税で日本を元気に!

高寺怜佳さんに送る雅歌

高寺怜佳さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

水をなめつくした。すなわちゼカリヤ、ヤジエル、グニ、エゼル、デシャン。これらは工人の手によってことごとく滅ぼすと主は怒ってあなたのあがないしろとし、風の吹き去るもみがらのようにとこしえに堅くされましたがモアブの領域には、のけ者となりましたのはヒゼキヤの子マナセの男の子孫でエルサレムに住んで七月になって死にかかっているのでしたらトンミムをお与えになってしまった、どうしてまた、よごせようか。わが愛する者は常に忘れられるのでなければわたしの顔の上にいたずらに、火の上にあて、その耳は聞えぬ耳となる。全地よ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる