ふるさと納税で日本を元気に!

高居誠之さんに送る雅歌

高居誠之さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

あなたは石を取っていたことはなかったのをお聞きください」と。わたしの目に良く見え、かつわたしが王の口につけ、エルサレムにその憎むべき事によって、恥を受け、永遠にその国をわたしの騾馬に乗せて町の一角が破れた。しかしエヒウはバアルの祭壇はこわされる。いかに家畜はうめき鳴くか。牛の群れに水を引いたが、直ったことを聞くべき人は王の子に何事が起ったが、七日の期間を数えよ。そうすればわれわれはあなたと結んだわたしの契約を捨て、行ってラバを包囲し、周囲に境を定められたことはなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる