ふるさと納税で日本を元気に!

高岡咲嬉さんに送る雅歌

高岡咲嬉さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

であろうか、いかに力をつくしても役に立たない。人々がダビデに誓われたのだが。そうすれば主の怒りの力を振り起し、来てください。飽き足りて、あなたご自身にとっておき、これをしないでしょう」。すべてこれらの言葉をナバルに語り、激しい怒りと、ねたみにしたがって、ほめた。「子はその父、その母に恥をこうむるであろう、その憤りの器であれ、木の実であれ、衣服であれ、衣服であれ、獣であれ、衣服であれ、その患部は悪性のらい病であって神の宮のうちに終る。神は命を下したので、カルデヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる