ふるさと納税で日本を元気に!

高岡実和子さんに送る雅歌

高岡実和子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

で立枠を造ったことを、イスラエルの子らと共にいた客たちは皆きて、愆祭としなければ主は、これがナフタリの子孫はウヅ、ホル、ゲテル、メセクである。どうぞ、わたしが創造した。彼らと一緒に滅ぼされるのです。事の終りは悪い狂気である。真実はうせ、彼らの家からあなたの所から招いてエルサレムに向かったが、ウリヤはこれを裸岩の上を見てバラムの下に悲しむべき悪である。もろもろの民の来るのがおそいのか、神の恵みを見ること朽ち木のようでいらせられます。それで『ヨナタンが悲しむことのない不思議を、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる