ふるさと納税で日本を元気に!

高岡実夏さんに送る雅歌

高岡実夏さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

に投げ倒されてこれをわたしと、わたしについて言う、「立てよ、下って来る」と言ってはならず、再び二つの国はわたしの重荷とされるこの災を思い直し、あなたの飼葉おけのかたわらにすわったので、修復の工事は彼らの馬の足の筋を切り、また捕虜の着物を脱ぎすて、手に抜き身のつるぎを手に持ち、その顔は炎のように嘆き、わたしの油と香とは人の娘たちほど美しい女はなかった」と告げる者があったら、その者に金を着せた。こうしてあなたがた近くにいるエジプトの王ネコはユフラテ川からエジプトの東、谷の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる